現在の消費者金融は、過去の悪質な取立てのイメージを払拭させるために ”計画的に利用するもの””健全なもの””大人が利用するもの”いうクリーンなイメージを宣伝しています。

消費者金融の現在

数年前の過払い問題から、消費者金融業界の状況はガラリと変わりました。

 

特に記憶に残っているところでいえば、国内大手だった武富士の倒産です。
もちろん武富士だけではなく、多くの消費者金融が倒産の波に飲まれていきました。

 

当時の消費者金融は、
「すぐに借りれる」「大金が借りれる」「楽に借りれる」
というイメージを宣伝していました。

 

 

しかし現在では、
「計画的に利用するもの」「健全なもの」「大人が利用するもの」
というクリーンなイメージを宣伝しています。

 

悪質な取立てをしているような影のイメージを払拭させる為です。

 

 

それから大きく変わったのは金利の問題です。
国が金利の上限を取り決め、現在ではそれに従った金利が設けられています。
いわば闇金などの裏業者ではない限り、死に追いやられるような借金地獄には陥りにくくなったと言えます。

 

 

しかし、現在でも多重債務者はたくさんいます。

何社からもお金を借りて、その金利に追われている状況です。

 

債務整理

それを救うために設けられている制度が債務整理。

 

これは多重債務者を救うためのものです。

 

 

逆に言えば消費者金融にとってはいい迷惑な制度でもあります。
だって貸したお金が返ってこないんですからね。

 

その為業者によっては、記録の開示を拒否されるケースもよくあります。
弁護士や司法書士に依頼し、そのようなトラブルを回避しましょう。